2007年7月18日 曇り時々晴れと雨 激流隊IN大内山川(阿曽大橋)

先週の大会で身の心もズタズタになってしまったこてつです_| ̄|○



おまけに、台風まで来ちゃって踏んだり蹴ったりヽ(;´Д`)ノ、



それでも、そこに川は流れてる。
そこには鮎が僕に釣られるのを待っていてくれる(笑



そんな僕に、1通のメールが
(また、この展開ですか?)



関西激流隊のハルさんからだ!
しかしこの展開は、こてつ的には想定範囲内なのだ。



だってさ














増水→濁りとれかけでしょ?









この人達は、


























この瞬間の為だけに生きてる生命体なのですヽ(`д´;)/





私を巻き込むなら、遠巻きに巻き込んでくださいΣ( ̄□ ̄;)





メールで朝一の状況を報告する約束をして
いつもの様に、車中泊と洒落込んだまでは良かったのですが
何しろ、ゆっくりくつろげるプライベート空間♪



すっかりお寝坊しちゃって、ハルさんの電話で起こされるこてつ。



しかも、電話してる最中ハルさん号、目の前通過(笑
何かしらの因縁すら感じます。





ココをクリックすると「関西激流隊」のオフィシャルサイトに飛びます


♪俺が立てない流れはない・・・      
         ♪俺の渡れぬ流れはない・・・





合言葉

















一歩も下がるな!



この集団の方々と、今日は友釣りさせて頂きました。


状況はこんな感じ



川原が無くなってますね・・・まだ・・・・


こういう状況は、非常に精神衛生上よろしくないこてつです_| ̄|○



何しろ、今日は一緒に釣る相手が相手だけに






「激流隊」のふり






だけはしなくってはいけません(TOT)
アチコチ見て回って、結局「阿曽大橋上流」に入りました。



川原には既に1人の釣り人が居ました。
松阪の釣具店「フィッシングアサヒ」のお兄さんみたいです。
流石は、ハルさん。この方ともお知り合いの様で、話などされてました。



もう4匹掛けられたみたいなのですが
どうも小ぶりの鮎みたいで調子が上がらないとか・・・






こんな感じですので、ドコに入ったら良いのか・・・
いや、ドコなら入れるかが問題ですね^^;



結局、右岸の葦の根伝いに遡ることにして釣り開始です。
やっぱり、思ったより深いし、流れもキツイかったです。



ハルさんも居るので、歯を食いしばって遡上するこてつ(*`Д´)ノ"
頑張った人には、チャンとご褒美がまってるのですねぇ〜〜



葦の凹んだ所に、丁度僕が落ち着けるナイスなタルミ発見(☆_☆)



<ナイスなタルミに避難中のこてつ>

(写真撮影クワちゃん^^)


ハルさんは、僕の下手に入って開始です。
開始早々、いきなりこてつ君の竿に当たりが来ました。



「まぁ、今日は小ぶりの鮎みたいやしな(*´∀`)ノ」



と、先ほど見せて頂いたサイズを思いながら取り込もうとすると



鮎大暴れ(*`Д´)ノ"



完全に、竿ノされ、野鮎に引きずり回される囮とこてつ_| ̄|○



いつもの釣りだと、瀬の下には淵がある所を選んでやりますので
この様な状況でも、下がっていけば何とか取り込めますが
今日の川は、延々と続く瀬。
しかも、下にはハルさんが釣られてます。



引きずられ、とうとうハルさんの背後まで到達する囮&野鮎・・・
迷惑そうな顔でコッチ見るハルさん(爆



「ハルさん、それすくって(*`Д´)ノ"(*`Д´)ノ"」



絶叫するも、川の音にかき消されるこてつの叫びヽ(;´Д`)ノ、



「何しとんね?早よせい( ̄Д ̄|||」



と、ハルさんの顔が言ってます。
体制が整う事無く、引き抜くこてつ。
背掛かりのデカイ鮎が飛んできたぞ!!!











さてと、囮2号でも発射するか(;^_^A










大方の予想通りキャッチミス( ▽|||)
こてつ的には30分は野鮎との格闘があった気がしますが
実際はもっと短時間なのでしょうね^^;



仕掛けチェックして、囮2号をセットする間に
ハルさんの竿にも鮎が来ました。



「こりゃぁ、鮎おるのぉぉおお〜〜〜ヽ(`□´)ノ」



さっき僕に見せた迷惑顔とは打って変わって
超ご機嫌になるハルさん。



こ・・・子供みたいやな(=_=;)



で、その言葉を証明するかの如く
またしても僕の竿にも鮎が来たのですが
先ほどと同じく、鮎に引きずり廻されハルさんの足元まで急降下。



またしても、「何しとんね?」みたいな顔のハルさん{{(>_<)}}



あのね、ハルさん



























空気読めよ(*`Д´)ノ"



あんたがタモですくってくれたら全て丸く収まりますやン!!
困ってる人が居たら、助けるのは人間として常識でしょ?
もう、こてつ君の腕はパンパンに張って震えてるんやでヽ(;´Д`)ノ、



心の叫びは彼には届かない様だった・・・_| ̄|○



こんな状況で3連続キャッチミス。
しかし、掛かりますから何だか気持ちいい〜〜〜〜
只、囮がそろそろ心配になってきました^^;



そうこうしてても、学習能力の高いこてつ。
もう10年は鮎釣りやってます(笑
この状況で一番大切なのは「平常心」と





















「運」









である事をよ〜〜〜く分かっています。
特に「運」は技術の無さを大きくカバーしてくれる大切な要素です。



何とか野鮎をキープ^^



そこから、掛けてはバラシ、掛けては取り込めたり
掛けては親子丼したり(汗



<引きずられ一本釣り状態&エビ反りのこてつ>


(写真撮影ハルさん^^)


鮎は全然増えませんが、とにかく面白いε=(>ε<) プッー!



そうこうするうちに、本隊が到着




本物の「関西激流隊」の皆様です。
事前情報で、こてつ君の存在も分かってるみたいで
掛けると堤防の上から、僕の妙技を観覧されてます。



引きずられ、もがくこてつを嬉しそうに(爆



どんな時でも、観客を退屈させないのが
エンターテイナーというもんでしょうか?



















面白かったかい?キミ達(^-^)y-。o0O



中々、生こてつの妙技を見られる機会は少ないですよ(爆
おや?レンジャー谷さんが何か大声で呼んでます。



「タモ抜くの早い!もっと溜めてからや(`⌒´メ)」



おっと・・・激流隊名物「言葉攻め」の始まりでしょうか?ヽ(;´Д`)ノ、
しかし、この言葉は的確なアドバイスでした。
何しろ、掛かった瞬間にタモ抜いてましたから
力が分散されてしまってたのかもしれません。



次の当たりでは、この言葉通りタモを抜かず
引きをグッと耐えるこてつです。



グッと耐える!!



グッと耐える!!!!



やはり引きずられてジタバタしてしまいました(笑
そして、我慢の限界が来てしまいタモを抜いた瞬間





















右手首がペコリンコΣ( ̄□ ̄;)



完全に鮎に負けてますやン・・・僕
気を取り直し、再度チャレンジしなおし何とか取り込み成功!?



こんな感じで、同じ失敗を何度も繰り返し午前中終了^^;



ここで所用でハルさんは帰られました。
かなり不満気な表情で「鮎が小さい!」と嘆かれてました。



やはりこの方達の望む物は次元が違うのですね・・・



午後からも、こんな調子で釣り続けました。


もうどれだけバラしたのか分かりませんが
掛かり方に2種類の感触がありました。



一つは、ゴチッ!って来た瞬間走り出すタイプ。
一つは、ゴソゴソって来てゴミかと思い竿立てたら走り出すタイプ。



即走るのは、どうも天然っぽいです。
ゴミと間違うのは●高の鮎っぽいです。



そうなんです。増水で天然が上がってきてる感じがしました。
気のせいでしょうか?



しかし、この取り込みの下手さは何とかせねば
掛けても掛けても数が伸びません。



そこで、レンジャー谷さんの釣りをジッと観察してました。



キョロキョロと万引き小僧の様な挙動不審な行動。
なにやら辺りを非常に気にしておられます。
ポイントらしき所に囮を送り込み数十秒探り
すぐに次のポイントへと移動していきます。



キョロキョロしています



その時、竿がスッと立ったかと思ったら
上流に向けて野鮎が飛んでました。
あとは下りてきた鮎をタモに入れてキョロキョロしています。



この「キョロキョロ」がポイントの様だな(`へ´)



で?いつ掛けたのかな(゚Д゚≡゚Д゚)?
早すぎて何にもわかりませんでした



こんな状況にもかかわらず「運」のみで10匹取り込み成功p(^-^)q
最後は親子丼して仕掛け張り替えたら雨降ってきたので終了〜〜〜



本物の「激流隊」の皆様は
川をアッチにコッチにと縦横無尽に暴れまくってます。
まるで水など無いかの様な動きですε=(>ε<) プッー!


<激流隊@ナッシー君余裕の笑顔♪>


しばし堤防で、初めてお会いする「クワちゃん」らしき人物と談笑。
見た目とは裏腹に、ジェントルマンだ(*´∀`)ノ



その時、幹部のサンちゃんが根掛かりをしてしまった。
通常プッチンする流れを果敢に回収に向かうサンちゃん。



ソレを見て、クワちゃんらしき人物がオタケビを上げた




















「時間もったいないやろ!切ったれ(*`Д´)ノ"」
「鮎なんかまた釣ったらエエだけやヽ(`д´;)/」




やはり、














激流隊には迂闊に近づくなヽ(`□´)ノ



とっても良い勉強になりました・・・・
狼の皮をかぶった羊はこの世に存在しませんね^^;



今日はとっても有意義な釣りになりました。
ウェーダーの中まで水が入り込んで、脱いだらジャーって水出てきました。



チャンと乾かさないといけませんね。
でも慌てない。



今年のこてつ秘密兵器の発表です^^



このチョハッカイの武器みたいな塩ビパイプ。
もうお解りですね^^


そうです、
ウェーダー乾燥機「スケキヨくん」




こんな感じで乾かしてます。
ちょっとした隙間があればおいて置けますし
場所も選ばず、移動も楽々♪



一家に一台


ウェーダー乾燥機「スケキヨくん」



家に帰ると嫁がピアノの先生に鮎を持って行きたいとの事。





「先生二人暮らしやったのぉ。10チョッとあるで丁度エエ!もってけ(*´∀`)ノ」



右の写真上が日高で下が天然?かな???



この行為が夜の自由時間確保につながります(笑



ピンクレディー1000円で単発ゲット。やはり掛けるのは上手い。
しかし、その後単発ばかり7回には参りました_| ̄|○



掛けるのは上手くても回収はどうも下手な様です。



御後がよろしいようでm(_ _)m