2007年8月29日 大安 晴天  十津川


すっかり「釣果」から見放され、友釣りが大嫌いな
伝説の鮎師@こてつでございます( ̄Д ̄)y-~~~



どう?皆さん釣れてるの?
僕の場合、よそ様のHPの釣行記と違って
「旅日記」と進化してますので、釣れなくたってイイモン(ノ-_-)ノ"⌒┻━┻ -☆



やや、ヤケクソ気味で今週も
釣行日を迎えた訳です。
(お!「ちょうこうび」→変換「超交尾」ってか!!スゲェ〜〜)



最早、全国の鮎師さんがご存知かとは思いますが
今年は
「全釣行車中泊宣言」を打ちたて実行している訳でございます。



行動範囲が狭いのが玉に瑕だっだのですが














おはようございま〜〜〜す\(=⌒◇⌒=)/





















ドッカ〜〜ンヘ(⌒▽⌒ヘ)(ノ⌒▽⌒)ノ










とうとうやってきました。
鮎師なら一度は釣ってみたい川「熊野川」とその支流達!!
もちろん前夜から車中泊での単独釣行ですよo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o



とうとう俺も、ココまで登り詰めたか(-_-)y-~~~



いえね、所属する会の長老方が冥土の土産に「熊野川」行きたいってんで
足腰ヨワヨワでも入川可能ポイント斥候の使命を受けたんです^^;



自分の為には動けなくても、他人の為には動ける男こてつ!!
かっこいい(゚Д゚≡゚Д゚)?



今回の任務の厳しい点は

1.階段を降りるのも苦痛な老人でも入川可能

2.ある程度の人数が入れる

3.四輪駆動車でなくても川まで楽々♪




特に<3>の項目は、クリアするのが最も困難極めそうな気が・・・



なにわともあれ、囮屋さんで聞くのが一番かと思い
床屋さんの囮屋さんで情報収集です。



こういった極秘調査において信憑性の高い情報を得るには
「機密費」を惜しみなく使うのが鉄則!!
今日の釣行目的を伝え



景気良く、十津川&北山の年券ダブルで購入だヽ(`д´;)/



パチンコ勝ちまくってますから、機密費には不自由しません(キッパリ!)
もう、オバちゃん地図は出してくるは、他のお客さんも巻き込むは



「兄ちゃん、男前やでコレあげる(*´∀`)ノ電話してね♪」



と、源氏名入り名刺を頂きました(爆
かなりヤリテと見た!!



状況は、やはりココも渇水。
下流域の方が水もあって釣り易いが四駆が必要ヽ(;´Д`)ノ、
とりあえず、礼を述べ、あて無き放浪の散策へと旅立ちました・・・・



くっそ〜〜四駆欲しいなぁ〜〜{{(>_<)}}



アチコチ見て回るも、やはり降り口からして悪路です。
指をくわえて退散するしかありません(T-T)



そして見つけたのがココ


どっかの橋から見た川です。
左が下流・右が上流となっています。



どうも、橋のたもとに駐車出来そうで、道も付いてるのが見えました。
ちなみに鮎も(笑



こんな道です



まるで、僕の車に寸法を合わせて作った様な道。
今日初めて
「軽でもエエ事あるやんか^^」
と思った瞬間です。





予定通り、橋のたもとに駐車して釣り開始したのが9時過ぎ(・∀・;)・・・・・
やはり、事前情報の乏しさは痛いですね。



とりあえず、石が綺麗な橋の上流部から釣りはじめました。
ほぼ鏡に近い流れですので、得意部門でもあります。



コツ!ギュン!!



ものの1分でしょうか?
物凄い勢いで目印がぶっ飛びましたv(^▽^)v
白い腹を見せて鮎がグルグル回ってます・・・・



喉元直撃&即死だったみたいで、抜いた時には死んでました_| ̄|○



再度、先程の養殖で何とか登らせると



コツ!ギュン!!



ものの1分でしょうか?
もう久しぶりの強烈な当たりでご機嫌のこてつ君^^
今度は見事な背掛かりでホッと一息です。




ちなみに誰も居ません(爆
もう、ここの鮎は全部僕が釣り切って良いのですよ(*`Д´)ノ"



と、そこに1台の軽自動車が到着。
川原にカンコ持って青年が降りて来ました。



その手には網_| ̄|○



しかし、僕も網をする人間です。
こういった状況では、互いが気まずいもんです^^;
しかも相手は間違いなく地元民(短パンとタビの装備は地元民なんです!)



「おはよう^^網すんの?」



この一言で、僕達は御友達です(笑



彼が言うには、ココラは全く追わないそうで
川にも藻が発生してて、こんな事は始めてだって嘆いてました。



「アホぉ〜〜俺等の方ではそんな事普通やじょヽ(`д´;)/」



初対面の彼を慰め、あわよくば万一の場合囮を分けてもらう算段までするこてつ。
僕が橋の上流でやってたので、彼は下流へと旅立って行かれました。
チョッと見てたけど、投網なんですね。
岸にしゃがんで気配を消し、鮎が寄ってきたら投げるってやつです。
上手に投げてました^^



さて、僕も再開したのですが
「ココラは全く追わない」
って彼の言葉を証明するかの様に、あの出だしが嘘の様に掛かりません。



仕方ないので、3本に分かれる一番右の流れを遡上しました。



大河とはいっても、渇水時はこうなんでしょうか?
この狭い流れを、マメに探って拾い釣りです。



いつもと一緒じゃんヽ(;´Д`)ノ、



それでも掛かる鮎はナイスな当たりとサイズε=(>ε<) プッー!



久々に「友釣り!」って感じを味わえました^^
結局12時まででジャスト10匹。
途中1時間は、竿も持たずアチコチ見て回ってたので
分流に入ってからは、気分良く釣れた気がしました。



しかし、アチコチ見て回るって言ってもね























「ドコに流れてるの?川(゚Д゚≡゚Д゚)?」



って感じで、砂漠で迷ってしまったみたいなモンでした(笑
四駆よりラクダの方が役に立つかもしれません(`へ´)



さて、斥候の任務も格好が付き
午後の部をどうするかで、心がざわめき出します。



「他の場所っていっても、普通車では無理やし
今から探してたら、何時になるか分からんし・・・・」



「今日は
大安やしな( ̄ー ̄)ニヤリ」



アレちょっと使ってみよか(*´∀`)ノ




















激流ぐっずぅ〜〜〜〜
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!








カットンできましたよ〜〜^^






北山川@竹筒



ココなら普通車でも川の近くに行けるのは
昨年の釣行でファイヤーマン1号に教えてもらってました^^





僕を歓迎するかの如く、タイミング良く着くなりジェット船襲来(*´∀`)ノ



高鳴る鼓動!!
顔がニヤニヤしてしまいます^^
さぁ〜〜新品の激流スーツも着用したぞ!!
移動も小一時間だったから、氷入れといた囮も元気だろう^^




(゚Д゚≡゚Д゚)?おや?



なんですか?荷台にひっくり返ってる物体は??















いつの間に、コケタの?囮缶ヽ(;´Д`)ノ、







もちろん囮君













成すすべなし_| ̄|○



しかもラジオからは「三重県各地に大雨・雷雨にご注意下さい」だそうだ・・・・
ファイヤーマン1号からの定時メールにもそんな事が書いてあったな・・・・
峠道、通行止めにならへんやろか・・・・



時刻は午後2時。
今からドコにあるのか分からない囮屋さんを探してたら
暗くなるまで釣ってしまいそうだ・・・・
頭もちょっと痛いしな・・・・



初の本格単独遠征で無理は禁物



潔く、コレにて納竿・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・



流石に、激流スーツを脱ぐ時は情けなかったこてつです。

















何が大安じゃ!(メ`⌒´)



ドコからか湧き上がる怒りにも似た感情。
それでも、ナントカ橋のとこに車止めて誰かを探してみたり
往生際のワルサも発揮しましたが、やはり帰路に着きました。



とにかく、ナビも付いてませんので頭の中の地図と
昨年のあやふやな記憶だけが頼りの道中です。



道路標識に「↑熊野市」とか書いてあると安心して走れます^^



おや?道端で僕に旗振ってる地元民がいるぞ!
もしかして、ネットで僕が来てるの知ってて歓迎会してくれるのか?(爆




車を停めて、地元民と和気藹々と話がはずみます^^



「今日は、何しにこちらまで?」


「何しにって、鮎釣りに決まってるやんか(笑」



「じゃぁ、こちらにサインをお願いしますm(_ _)m」




とうとう、俺もサインをせがまれる鮎師になったか\(*⌒ー⌒*)/



きっちり、せがまれるがまま2枚もサインをしてあげました。




























24キロオーバーかぁ〜〜Σ( ̄□ ̄;)



皆さんも気付けて下さいよ^^;
道端でミカン売ってる辺りでやってました。
















何が大安じゃ!(メ`´)凸



まぁ、バモスで良かったわ。
普通車やったら、もっと出してたやろからな(`へ´)



何しろ、軽ですので走りません。
峠なんか、ベタ踏みでも登っていきませんからね^^;



普段は走らない「登坂車線」ってのをノロノロ登って行くんです。
そんな僕の右をガンガン追い越して行く車達。














ガガガガガッ!!







カーブで僕を追い越した車が、対向車線から来たトラックとゴッツンコヽ(;´Д`)ノ、



あ〜〜あ、エライこちゃぁ〜〜ビックリしたしぃ〜〜
積荷が飛び出してしまいましたやん(・∀・;)・・・・・



やりたてホヤホヤの現場です。
運よく怪我人が無いのだけを確認して
現場から立ち去るこてつです。



だって、こんな大きなコンクリ持てませんよ/(°ё°)\



ココからは流石に安全運転に徹しました
皆さんも、楽しい釣行で終わる為事故には気をつけましょうね。



色々あったけど、午後5時には帰宅。
ご無事で何よりの一日でした_| ̄|○















何が大安じゃ!(*`Д´)ノ"


来週は「さぎりの里」でお目覚めかも^^
行ってみると案外近いですね。往復330キロでした。