2008年10月8日 晴れ 北山川〜熊野川 (大瀬・竹筒・とか)


台風後、中々良い情報が入ってこない熊野方面。
でもね、他に行くアテもないのでやっぱり熊野に行って来ました^^




今回も、我が相棒ブラックとの釣行です。




いつもの様にZERO号(仮名)ですやすや眠ってブラックがお越しに来るのを待ちます。
約束の時間、ZERO号(仮名)の隣に車が停まる気配で目が覚めた。
既に精神的に臨戦態勢に入っていたのかもしれない・・・




降りしきる雨の中、せっせと荷物を積み込むブラックが見えた。




その積み込む車の主は「おまけ君」
ブラックが好条件戦隊こてレンジャーにスカウトしてきた新人だ(爆




そう・・・今日はZERO号(仮名)ではなく、おまけ号での攻撃になる。
それでも車中泊(笑




その上、おまけ君、熊野初挑戦だヽ(`д´;)/
友釣りも今年始めたばっかりでだ!




おまけ君から見たら、こんな私でも本物のヒーロー(だと思う)




行きの車中では、助手席にふんぞり返り、熊野の心構えをブチかますこてつ(*`Д´)ノ"




相手は何も知らない初心者。
適当にブッこいてれば何でも感動してくれます。















気持ちいいぃぃぃいいヽ(゜▽、゜)ノ












そして、いつもの囮屋さんで囮購入。
これがまたデッカイんだわ!22〜23cmは余裕であります。♀。




「囮大きいな!!おばちゃん(*´∀`)ノ」




さぁ、今朝のおばちゃんの名言コーナーです(爆





















「尺鮎用やでな・・・」











ε=(>ε<) プッー!









今日も朝から景気の良い情報ばっかりでした。
尺なら上流、数なら下流って事なので





今日は尺鮎狙いに決定!




そうでもしないと、囮に申し訳が立たんでしょうが?





大瀬です。




実はココ、私が激流隊の方と一緒に熊野デビューした因縁の場所。
あの時は最後までイジケテマシタ・・・私。




今日は、おまけ君の為にも囮を調達しないといけません。
先ずは瀬の上流で確実に囮を獲りにかかります。




でもね、何か色がとっても良くないヽ(;´Д`)ノ、
立ち込んでると、足元に鮎が寄ってきたりするのですがソレも無い。
跳ねる鮎も全く無い・・・














やはり尺は用心深いな(爆










ではない。
鮎の気配が全くしないのです。
ブラックは瀬を切って対岸から釣ってます。
おまけ君は瀬尻の浅い所でやってます。




意を決し、瀬を釣り下がりました。




ようやくヒット^^
難なく取り込んだ15センチの鮎・・・・




瀬の芯でコレでは、ココはダメだ(`へ´)




囮2号を使う事もなく、一流しで竿を納めるこてつ。
おまけ君の様子を見に行くと




10センチ1匹ゲット\(◎o◎)/!




しつこいブラックはかなり粘ってましたが
珍しくノーヒット・・・




そして場所移動決定。
やって来たのは、北山行ったらココは外せません「竹筒」




でもね、ブルで掻いたのか真っ白ヽ(;´Д`)ノ、
折角来たんで、1時間制限で竿を出しました。




ココでも瀬を切って対岸に行き上流部を目指していったブラック。
私は、お約束の如く、瀬の上のトロから初めて瀬に入る作戦。
おまけ君は分流の鮎をからかってました(笑




トロに立ち込んで釣るもやはり気配が無い。
足元に寄って来る鮎はビリばかり。
徐々に下がって瀬に向かいました。







ドンドン立ち込んで行ったら、対岸まで行ってしまいました(^o^)/~~~
写真中央右に立ってるのが分流を攻めるおまけ君。




瀬を釣り下がり、ブチ当たりまで行ってノーヒット。
さくっと止めました。
ココでは時間制限してあったので、ブラックも早々に帰還。ノーヒット。
ブルで掻かれて真っ白だったそうです^^;




そして遅めのランチタイム。
釣れないのに気を使ってか元気に振舞うおまけ君。
何とか熊野の当たりを体感して頂きたいものだ。私もですが^^;




最後の決戦に選んだのは1回夏は川漁師さんに連れてってもらったゴルフ場下。
ココならおまけ君も何とか楽しめるポイントがあるはずです。




来て見てビックリΣ( ̄□ ̄;)






大増水(・∀・;)・・・・・




チョッと立ち込めば芯に届くはずなのに・・・・
瀬で細くなってる所が、川原が無いまで増えてました。
(後で昨夜12時から放水してたのが判明)




おまけ君どころか、私も危うい状況です。




瀬の流れ込みのズット下に入りますが
前回は良い石があったのに砂底に変身してしまってます_| ̄|○
砂がかぶってないのは「瀬」のみ。




おそらくココで最後の竿出し。
囮温存なんか考えず、目一杯頑張ってみました。












  

カッコエエわぁ〜〜俺w(°o°)w








もうね、釣れても釣れなくてもいいんです。
こうやって川に浸かってたらイキソウになるんです(*v.v)。




究極のマスターベーションですヽ(゜▽、゜)ノピュ♪




ココでは2匹(坊主ハゼ1匹込み)
22センチ程でしたが、ナイスファイトしてくれました^^







ブラックも1匹掛けて1匹根掛かり放流Σ( ̄□ ̄;)




釣果は散々でしたが、熊野での囮操作の手ごたえは確かに感じました。
今回最後の瀬は2号と1号で囮が入ったのが分かりました。
引くには竿が限界みたいなのも分かりました。
これ以上、立ち込んだらいけないのも分かりました(笑




北山はブル入ってなければ良い感じもしますが細かいのが沢山居るみたいです。
おばちゃんは尺狙いの囮を用意してくれてますが
狙うポイントが定かではございませんでした。




熊野は放水が止まれば、ドッカで爆発しそうな気配です。
エサ釣りが合流付近で列をなしてました。
鮎の食性が変わる時期になってきたのですね。




水中カメラ買いました。
やっぱ、買ったら誰もがやりたい水中撮影(*´∀`)ノ









ココにアイコンあったら只のモニタですね_| ̄|○




今回は、川の調子が悪かったって事で!!




じゃぁ、また来週頑張ってきますヽ(`д´;)/