2008年7月23日 七鮎会大会IN大内山川@岩船


伝説の鮎師@こてつ・・・




その男の力、いまだ計り知れぬものがある(-.-)y-~~~




先週は、底値をわざわざ熊野川まで行って披露したこてつ。
最悪の精神状態で、今週挑んだのは










第21回七鮎会大友釣り世界大会IN大内山川










「七鮎会」と書いて、「しちねんかい」と読みます。
ステッカー貼ってる人も居ないし、地元でも誰もその存在を知りませんが
かれこれ21年の歴史を持つ、由緒正しい会です。
ダイワマスターズと同じです(爆




21年前のメンバーもそのほとんどが他界され
今は、初期のメンバー2名を残すのみ(来年は居ないかも知れません^^;)
総勢14名中10名の参加で行われました。




今年から、ココではお馴染み
「好条件戦隊こてレンジャーブラック(旧名ファイヤーマン1号)も入会し
益々レベルUPした七鮎会。



本誌予想 源氏名 紹介 過去の優勝回数
名人@ヤスダ 過去最多の優勝回数。某雑誌に名人として掲載された暗い過去を持つ 7回(3連覇有り)
仙人@タニグチ 次年度開催参加が危ぶまれる80歳手前 2回
ゆうき マッチョ君で過去の日記に登場。鮎は網で獲る地元民 2回
おおてつ しつこさだけは世界一!七鮎会会長。
まっさん 定年退職後はマジシャンとして活躍。
ひろし 親父は七鮎会初代メンバー。竿はG社の年代物! 1回
タニグチJr 親子で七鮎会メンバー。孫も友釣り愛好者。三代続くかもしれない家系 1回
まーちゃん 叔父マーちゃん(他界済み)の遺志を継いだ男!
ブラック お馴染み、こてレンジャーブラック。今年から参加。
伝説の鮎師@こてつ 私です。 2回

今回参加はこの10名。
しかし、ブラックは勤務の都合上明けでの途中参加。
この時点で、ブラックは順位から除外です。








川の状況は渇水。
いや、どちらかと言えば温泉Σ( ̄□ ̄;)
囮の循環すら危うい高水温&灼熱下での戦いとなりそうです。




ルールは毎年同じ。
正午のサイレンが鳴るまでに一番沢山釣った人が王様!!




午前7:30




その戦いの火蓋が切られたのであったヽ(`д´;)/





クジで入選順位を決めるのですが
私は、調子が悪いのか2番クジヽ(;´Д`)ノ、




実は、2箇所心に決めていた場所があったのですが
1番クジを引いた「まーちゃん」がその1箇所に入ったので
迷わずもう1箇所に入りました。
岩船橋直下の瀬の下の石が3ツ出てる一等地です^^




仕掛けはナイロン0.2.
渇水を考慮して針は6.5の3本錨で開始しました。




ほとんどのメンバーが私より下流に入り
おおてつ君だけが、私の上の瀬尻に陣取ってのスタートです。




開始早々、下流のひろし君が掛けました。
その上のゆうきもかけました。
その上のタニグチJrも掛けました。




「今日はよう掛かるやないかヽ(゜▽、゜)ノ」




皆さんのそんな声を聞きながら、ジッと我慢のこてつヽ(;´Д`)ノ、
まだ開始早々なので、チョッと焦りましたがコチンとも来ません。
高水温ですので、囮を大事に泳がせに徹します。




その間にも、下流では




「お!また掛かった(*´∀`)ノ」




と、大はしゃぎのひろし君の声_| ̄|○
開始30分。
ようやく、こてつの竿にも当たりが来ました。




が、水中バレヽ(;´Д`)ノ、




仕掛けを直し、再び昇らせると明確な当たり(☆_☆)




が、目の前でポチョンと落ちてしまいました_| ̄|○
ココで、やや焦りを感じ始めるものの
囮を2号機に交換して、ジッとその時を待つこてつ。




しかし、2号機全く泳がず┗(-_-;)┛




ココで、囮を入れた場所から自分が下がって引き降ろす作戦開始!
スパイラスって言うの?
囮が反転する瞬間に追うのを狙った作戦です。





案の定、ヒット^^
しかし、これまた目の前でポチョンヽ(;´Д`)ノ、





本気で焦り始めました。
針を7号3本に換え再度引き降ろし作戦敢行!




またもや目の前まで飛んできてポチョン_| ̄|○




ヤバイで(・∀・;)・・・・・




4回掛かって1匹も取り込めず!
囮も高水温のせいで弱るのが早いです。
下流域では、時折掛かった歓声が響いてますヽ(;´Д`)ノ、




唯一の救いは、私より上流のおおてつ君だけが
1匹も掛けてない事ヽ(゜▽、゜)ノウヒョ♪




この高水温&渇水では、とにかく我慢しかありません・・・・・




ようやく1匹目をゲットしたのは1時間以上経過していました(涙




しかも、ゲットした鮎がこうだ!!

















何故か、尻尾の下半分が消えて無くなってます。
そして、ドッカにぶつかったのか、顔が凹んで短くなってしまってますがなヽ(;´Д`)ノ、




その上、鼻環入れた途端に鼻血ブー_| ̄|○




あ〜〜あ、今年はもうダメですわΣ( ̄□ ̄;)




度重なる、不運の連続にもう半分諦めたこてつ。
それでも、この鼻血君を懸命に泳がせるこてつ。




そこへ、本命の名人ヤスダ氏が通りかかり











「あそこで6匹掛けただけですわ(`⌒´メ)」









と、不満気な言葉を言い残し私の上に入りました。










もう6匹も釣ってるのか・・・・流石だな・・・・
それに引き換え、俺は奇形鮎1匹かよヽ(;´Д`)ノ、
流石に今年はもうダメだ・・・・・











と、思ったその時
ようやく普通の鮎が掛かり取り込めました(笑





ココで、迷いが生じます。









このまま、ココに居座るべきかどうか(`へ´)











地合いってありますよね?
もしかしたら、今からココが入れ掛かるかもしれません。
しかも、名人ヤスダ氏がすぐ上に居ます。
間違いなく、私が動けばココに入ってくるでしょう。




が、私もチャピチャピの王子様と呼ばれた男です。
この私がコレだけ懸命に攻撃しても掛からないって事は




もうココはやっても無駄ヽ(`д´;)/




と、無理矢理言い聞かせ、
マル秘ポイント「橋と橋の間」に普通の鮎と共に移動しました。





が、何故か橋げたの所に見知らぬ男二人が涼みがてら雑談中(・∀・;)・・・・・
ソコから竿を出したいのに、正にソコニ人が居る。
しかも、只川を見て雑談してるだけ・・・・・・





やむなく、対岸から竿を出すものの、
鉄橋に竿を当ててガシャガシャ言わせて囮を弱らせただけ_| ̄|○




悔しさが込み上げてきます><
朝の4連続バラシ・・・・コレさえなければ・・・・・







今までして来た事を思い出すんだったよね?ピンク・・・・




あんなに、色々教えてくれたのに・・・・・HIDEさん・・・・・




大会に、景品まで差し入れしてくれたのに・・・・・マーシー隊長・・・・・・




立派な仕掛けも、使う人がコレじゃぁ豚に真珠ですね・・・・・岡村工房社長・・・・・





あまりの、ふがいなさにへたり込みそうになるこてつ。
とにかく暑い川原が追い討ちを掛けてきます。





こうなったら、得意の?お笑い路線でネタ作るしかないかな?
おや?そういえば、この瀬、まだ誰も攻撃してないぞ(゚Д゚≡゚Д゚)?
瀬には居ないって言ってたけど、1匹位は居るやろ?普通?
マーシー隊長も
「男やったら瀬を引け」言ってたし
HIDEさんにも瀬の引き釣りを特訓してもらったし・・・・・





そう思い、橋直下の瀬に入れた瞬間
何かが走ったかと思うや否や












ギュン!!






一気に、目印がぶっ飛びどっかに行ってしまいました(笑





いや!(笑)じゃないっす><
竿を立て、慎重に取り込んだ大きな鮎^^






やっぱ瀬は面白すぎぃ〜〜ε=(>ε<) プッー!





もうどうせ、順位には関係ない釣果(涙
ココで友釣りを楽しませて頂きましょうか\(o⌒○⌒o)/




22センチ程の鮎を囮に入れると

















ゴゴゴゴッ!ギュ〜〜ン!!!!












この時の私の反応を見て頂きたかったです。
竿を立てるや否や、下流へと走るこてつ。
何か感じたの。こいつはデカイって!!
キッチリ誘導し(渇水ですから^^;)ブチ抜いた鮎










お前、おっき過ぎちゃうか(゚Д゚≡゚Д゚)?




もう、大会なんかどうでもいいです(爆
この瀬で5本抜き大満足のこてつ^^




ココまで、都合7匹。
まぁ、カッコはついた感じになりました。




どうせやったら、下の瀬でもやったろε=(>ε<) プッー!




遅れて参加のブラックにこの瀬を譲り
下の瀬まで移動。





囮引きずり倒してノーヒット(爆




タイムアップにはまだ時間がありましたが
この煮え湯では、やっても無駄と思い30分程時間を残し早上がり。
うんこしたくなってたし(笑





釣った魚も、腹を見せていましたので
クーラーに入れようと、タモに開けて移してる私の手元を
食い入る様に見ている名人@ヤスダ氏。












「7匹ですか・・・・1匹負けました・・・・Σ( ̄□ ̄;)」











え(゚Д゚≡゚Д゚)?
あんさん、早くから6匹釣ってたでしょ?
私がどいたA級ポイントにも竿出したでしょ???





って事はですよ


























おめでとう!俺!!






























































GREAT KOTETSU誕生!!

威風堂々!!




この私が
優勝いたしましたo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o




いやぁ〜〜、ホントまさかの優勝でした。
ちなみに、2位が名人@ヤスダ氏6匹。
3位が同引数の3匹2名。
そして2匹2名。




かなり渋目の釣果での大会となりました。
釣った鮎が囮にならないヨワヨワっぷり><




それでも、優勝はこの私です^^




自分的には、運も手伝ってくれましたが
「瀬」での引き釣りでの釣果で優勝で来た事が何より嬉しかったです。
何といっても今年初めて会得した技でしたから^^;




ほんでもって、夕方
関西激流隊@総括隊長マーシー様からお電話頂きました。




「あ!隊長!景品ありがとうございましたヽ(`д´;)/」







「ほんで?どうやったん(-_-メ)」








「ボク、
優勝しましたヽ(`д´;)/」








「ホント?ウソやろ?いったいどんなメンバーなん(゚Д゚≡゚Д゚)?」










「隊長の言葉思い出して、瀬でキメましたよヽ(`д´;)/」








「あのな、こてつ君。
































胸まで入らんで陸から釣るのは
瀬とは言わんのよ(-_-メ)」









「スミマセン{{(>_<)}}・・・・流れの速いみたいな気のする所でです・・・・_| ̄|○」






厳しい!!厳しすぎるぜヽ(;´Д`)ノ、




一体俺はこれからどんな鮎道を歩んで行けば良いのだろう・・・・
まだまだこれから始まる、伝説の鮎師@こてつへの道・・・・




末永く見守ってやって下さいヽ(;´Д`)ノ、