2008年8月27日 曇り時々雨 大内山川 (阿曽大橋上流)


旅日記作家こてつ@
42歳




コレが私のもう一つの肩書きです。
色んな顔を持ちすぎて、自分が何者なのか分からなくなってる
42歳




こんな私の書く旅日記を鮎の釣果報告日誌と勘違いされ
多数の鮎師の方々が本業のお店に御来店いただけます。
ちゃんと仕事してるこてつ
42歳




先日も、4人組の鮎師の御客様に御来店頂いたのですが
着てる服で鮎師さんって分かるんですよ。
で、4人揃いもそろって悪役商会の人の顔みたいな(・∀・;)・・・・・




思うんですけどね、釣りする人ってガラ悪い人多くない?Σ( ̄□ ̄;)




お店は国道から一本入った路地裏ですので
通りすがりで立ち寄った訳ではございませんよね。
明らかに何かを見て(ココ)来て頂いたんでしょう。




そんな予想も的中し、帰り際にボスらしきスキンヘッドの悪役がね





「インターネット書いてるのこの子か(メ-_-)」




って、調理場に顔を突っ込んでおっしゃるんです。







こ・・・この子ってなに(゚Д゚≡゚Д゚)?






42歳なんだよ!ボクヽ(`□´)ノ












ちなみに














































そして













































二人の子供を抱え込み、結構大変な状況で生きてるんだよ!私はだヽ(`д´;)/
そして、悪役のボス@スキンヘッドに、私はこう言い放った!!























「あ・・また今度色々教えて下さいね(;^。^)ヘラヘラ」










とっても恐かったです・・・_| ̄|○




そんなヨワヨワなこてつ君。
今週の釣行は、ブラックと休みが合ったので熊野川と予定してたのですが
この地方を襲った集中豪雨。




河川の増水・通行止め・土砂災害・・・・・




何一つ、好条件が出てこない(`⌒´)
最後まで遠征にこだわるブラックを説き伏せ、地元河川で待機する事にし車中泊(笑




だってね、あの雨ですよ。
地元に居れば、川がダメでもお楽しみは何でもあります^^
増水してたら、のんびりパチンコでもすっかな。
とか思ってたら、ピンクからのラブメール(爆




どうやら仕事明けで大内山川に出撃する様だ。




車中で寝てても、時折激しく降る雨。そして唸る暴風ヽ(;´Д`)ノ、




朝方になってもやむ事の無い風雨。
しかし、増水してるものの川は笹濁り。




朝一情報をピンクにメールするものの返事が無い。




さてと、どうしたものか(-_-)y-~~~




天気が回復するのか、これから荒れるのか。
濁りはこれからどうなるのだろうか。
いや、そんな事より




こんな日に竿出して世間に笑われないのか(爆




色々思い巡らせながら、阿曽〜大内山まで巡回してみますが
川に人影は何もありません。




やはり、今日は普通竿出さないよなヽ(゜▽、゜)ノ




帰路に着きながら、阿曽大橋を通過しようとすると
一人の知らない鮎師さんが竿を出されてました。




おったか・・・阿呆が・・・・(涙




コレで帰る訳にはいかなくなってしまいましたヽ(;´Д`)ノ、
こう見えて、私「関西激流隊」だったんですよね?
私が今目にしている激流は、本物の隊員にはチャラ瀬(汗




「あのね、増水してたから帰ったの(*´∀`)ノハハハ」




とか言う勇気が私にはございませんでした。
この隊員の皆様も悪役商会が揃ってます_| ̄|○
しかも、顔だけではもの足らず、口も悪役(爆




仕方ない・・・チョッとだけやるか・・・・(・∀・;)・・・・・




そんな熱い思いを胸に阿曽大橋上流に入りました。
8:30






写真は午後の部のピンクです




丁度、ピンクの立ってる辺りにさっきのオジサンが入ってましたので
私はズット上流の通称「こてつの窪み」を目指し遡上ました。
ここに辿り着くまでに体力の半分は消耗しました(笑




仕掛けは0.125メタル@岡村工房




朝はね、写真より20センチは水高かったの。
遠くに見えるピーヤが水没したら止めるつもりで友釣り開始ヽ(`д´;)/




サクッと1匹目・・・小さい・・・サクッと2匹目・・・小さい・・・




やはり「こてつの窪み」からでは待避中のチビしか掛からない様だ。
意を決し、ドンブリコしてる上の瀬に鉛を付けてチビ投入するも入りません。




大き目の養殖に交換し、ジリジリ引き上げると








ガッ!!









大急ぎで「こてつの窪み」付近まで下がってドスンとタモに収まった25センチ級^^
ソレを囮に再度瀬を引き上げて行きます。









ガガッ!!







速攻で来ました。デカイでコレ(*`Д´)ノ"
ですが、この時まだ今日の仕掛けの物凄さを知らぬ私。




「切れたらどうしようΣ( ̄□ ̄;)」




この思いが頭をよぎります。
迷いが生じると、ロクな事がありません。
案の定、キャッチミスヽ(;´Д`)ノ、




今日の様な状況で、元気な囮が廻って行かないのは致命的。
再度、養殖に付け替え、さっきのおじさんの近くまで釣り下がっていきました。




キャッチミスをあと2回程したでしょうか?(笑




その頃になって、対岸に見覚えのある悪人顔が・・・いや激流隊員が。
今まで2回御一緒させて頂いたクワちゃんだ。
って事は、間もなくピンクも来るって事か?




とか思ってるうちに10:30ピンク登場♪




私に会えた喜びを隠し切れないのか、対岸から何か叫んでます(*v.v)。




「囮あるか(゚Д゚≡゚Д゚)?」




色気もへったくれも無い男です┗(-_-;)┛




「もうフラフラのなら^^;」




そのフラフラ君を取りに来て、ピンクも釣り開始です。
私が攻めきれなかった瀬をコッチからピンク、あっちかたクワちゃんちゃんが犯しに掛かります。
















「イヤッホォ〜〜〜ヒャァ〜〜〜ヽ(゜▽、゜)ノ」











奇声を・・いやオタケビを上げながら掛け倒す御二方・・・・
ついさっき私がやっても掛けられなかった瀬で掛けられた・・・・




チョッと悔しいぞガ━━(;゚Д゚)━━ン!!・・・・




そして瀬を渡ってピンクが私の真向かいで釣り始めました。
鏡の如く、その仕草を真似するこてつ君。
角度・引き方・スピード・・・全て合わせます。
感覚を体に焼き付けます。




只、立ってる所の水流は全く違いますが(爆




ピンクがグルリとこの釣り場を1周した所でランチです。
正確な腹時計を持つピンク。時刻はほぼ正午だった。




元気な囮を舟に残し、午後の部開始です!




カッパを脱いで、激流スーツに身を包むこてつ。
おのずと気合が入ります。




ピンクが目の前の瀬をチョッとやって上流へと向かいました。




この瀬の向こうに、もう1本流れがあってね
ソコ、鮎デルデルポイントなんですよ。




が、目の前の瀬が邪魔をして行く事が危険なんです。増水時は。普通の人には(笑




朝より水が引いてきたせいか、体が慣れたのか、頭が壊れたのか
なぜか吸い込まれる様に、鮎デルデルポイントに向け歩き出す私。




かなり早い流れです。水深が腰に来た時ハッと我に返りました。











危ないで!俺!!逃げぇ〜〜〜(*`Д´)ノ"










火事場のクソ力とは良く言ったものです。




ダッシュで瀬を切ってました(笑




いや(笑)ではございません。
馬の背にたどり着いたまではいいですが、どうやって戻るかが問題になってきました。
この状況は正に




「中洲に取り残された釣り人状態」







夕方まで、ココに居たらピンクがまた1周してくるから助けてもらおうヽ(;´Д`)ノ、




そう決めて、釣り開始です。
が、思ったより流れが速く囮が入りません。




鉛を追加して、ジリジリ引き上げて行きます。
そして私も合わせてジリジリ遡って行きました。




川って、同じ流れに見えて、緩い所があるんですね。
そういった場所を選んで頃合の所まで遡りました。




何の頃合かって?




流れながら、岸の目的地に戻れそうな頃合です(爆




釣ってるっていうより、いかに岸に戻るかが一番大事な場面でした。
流され角度30度地点に達した時、最後の力を振り絞り元に戻りました。




実際、ココからが午後の部の釣りと言って良いかと思います(・∀・;)・・・・・




やはり、午前中悔やまれるのは、上の瀬での攻防。
再度、その瀬をやっつける為に、囮を取りながら瀬を目指しました。




リズムにも乗ってきたのか、竿にも慣れてきたのか
何より、今日の岡村工房仕掛け、かなり無理しても切れません!!
迷う事無く、抜きにかかれます。




足もかなり疲れてきたのか、ふらけて尻餅を良く着く様になってきました。
尻餅着いた所に、丁度良い石があったので腰掛けて一休み^^
そんな私をキッチリ撮影するピンク(爆
(詳細は「ハルちゃんの鮎ナビ8月27日にて




囮の扱いも雑になり、コケル回数が増えてきたので
皆さんより早めに終了しました^^;




20匹程取り込めてましたが




「ウソやろ!いつ釣ったん(゚Д゚≡゚Д゚)?」




と、クワちゃん_| ̄|○




「まぁまぁ、形になってきとる感じやの。まだやけど┗(-_-;)┛」




と、ピンク_| ̄|○




と、厳しい評価(口が悪いともいう)を頂きました。




でもな、あなた達に出来ない事を私はキッチリしてます。











大内山名物!!















幸運を呼ぶ金魚(爆



どんな状況でも、1匹は釣ります。私。
悔しかったら、釣ってみε=(>ε<) プッー!




はい。ナントカの遠吠えですヽ(;´Д`)ノ、




  



ギャラリーが見入ってました。




口と人相が何とかなれば、とってもイイ人達なんですけどね・・・・




とっても楽しい激流でしたヽ(゜▽、゜)ノ





ps。「こんなん清水やで、こてつ君」って書き込みは却下です。




あっと、メルマガ登録して頂いてる皆様、中々発行しなくてスミマセン^^;
今更、もうどうでもいいですよね(汗



そんな中、今週久々にナイスな方が登録してくれました。
ご登録頂くと、こんな形のメールが私に届きます。




以下。コピペ。




コメント
------------------------------
26日に友釣りデビュー(しかも一人で・・)


メールマガジンの登録と解除
------------------------------
登録完了  オ・ト・ナの♪鮎の友釣り武者修行


お名前・メールアドレス
------------------------------
噂のジョニー  マルマル@マルマル
        ↑
           ココは本当のアドレスが入ってます




この方の釣果がとっても気になります。
探偵さん、お願いします。この方の釣果を是非教えて下さい(爆




どうだった?噂のジョニー。
何でも教えたるからな、俺(大爆