一冨士@こてつ鮎の友釣り日記2009年6月10日 大内山川
2009年6月3日 曇りのち雨  大内山川(平瀬橋)

とある早朝の事だった。
好条件戦隊こてレンジャー専用ホットラインがけたたましく鳴り響いたヽ(`д´;)/




「まいどぉ〜〜、今度の水曜そっち行くからナビお願いね(*´∀`)ノ」





ふふふ(-_-)y-~~~
こんな私にナビを要請してくるとは・・・・






























命知らずやのぉ〜〜〜〜ε=(>ε<) プッー!








電話の主は、京都の鮎味亭「近ちゃん」だ。
彼の友釣りの腕前は、最早言うまでも無く全国レベル。
そんな男が、この私にナビを要請してきてるのだ。




やはり、普通の人ではない(笑




むろん、激流隊つながりの京都劇流隊所属。
そして、もちろんもちろん、好条件戦隊こてレンジャー強制入隊済み。
名前も付けたのだが、忘れてしまった(爆




で、今回改めて命名する事にしよう。
この男を想う時、浮かんでくるあのフレーズ。
商売人の病とも言える、あのフレーズ。




今日からキミの名は












@まいどおおきにぃ〜〜隊員




どう?気に入った?




さて、ナビを引き受けた私。
各方面のこてレンジャーに早速情報収集メールを配布。
各方面から、様々な情報がホットラインに入ってくる。




内山川、渋くなってきてます(*`Д´)ノ"ラジャー


逆に、宮川が復活しつつあります(*`Д´)ノ"ラジャー


大内山川、冷水病が蔓延しつつあります(*`Д´)ノ"ラジャー


宮川●■地区に、大鮎が溜まってます(*`Д´)ノ"ラジャー






ご苦労であった。各隊員の諸君(-_-)y-~~~




で、私の取った行動はだ















「あのね、近ちゃん来るんだって。ピンクも来てね(*v.v)。」





っと、好条件戦隊こてレンジャー@ピンク隊員に甘いメールを打ったのであった(爆




普通そうやろ?
京都からわざわざ来るんですよ。
万全の態勢で、三重の川を満喫して帰って頂くには
万全のメンバーを招集してお迎えするのが男道。





ピンクは仕事明けって事で、10時過ぎには来るらしくホッと一安心。




そして、レッド隊長のピンチを察知してか
@トーナメンターHIDE君も、朝から来てくれる申し出だ。




またまた、ホッと一息(笑




そして前夜、車中にて悶々と夜を明かす私の元に
@ブラック隊員、@おまけ隊員も登場を表明だヽ(゜▽、゜)ノ




もう、私は何もしなくても皆さんがしてくれるだろう(≧∇≦)




おっと、せめて囮屋さん位は案内しないとね。
朝5時にモーニングコールをしてきた@まいどおおきにぃ〜〜隊員と
ココで待ち合わせ。






R42を大内山川方面に走って行くと目立ってますよね。
「釣りエサ市場」さん。




ここも、好条件戦隊こてレンジャー公認の秘密基地にしようとしてるんだけどね
ちょっと恐くてね




ほら





スタッフさんの












お顔が{{(>_<)}}ヒー




何しろ、危機管理能力だけは人並外れて高性能の私です。
丸坊主でチョビヒゲ君は、危険度4に相当します。
時間をかけて、ゆっくりと、私のペースに引きずり込めれば良いのですけど。




あ。恐いのは御顔だけで、人柄は皆さん良いですからね(^o^)/~~~
囮はもちろん、遊魚券、海釣り用品。エサ各種取り扱ってます。
年中無休24時間営業です。




そして二人で主だったポイントを見て周ります。




何故か私より、各ポイントに詳しい近ちゃん(・∀・;)・・・・・




こうなったら、川見で場所を決めてもらえばOK。近ちゃんに(爆




石の色とか近ちゃんに判断してもらって
二人が入ったのは「平瀬橋」






追っかけ、@HIDE君も到着するので
二人で釣り開始です。




私は、後から来る隊員も居るので、駐車スペースの付近で。
近ちゃんは、橋の下流域で。




川の状態は60点。
そろそろリセットする雨が欲しい所です。




今日は朝からソリッド穂先を使用。
VARIVAS LEXCEEDの替え穂先は、ソリッド穂先。
1番・2番を両方交換するタイプになってます。




初めて触ったソリッド穂先は思ったより細くて柔らかい(しなやか)




ナイロン0.2で緩い流れを泳がせるとヒット。




掛かった鮎が走ると、その勢いを穂先がしなやかに吸収。
鮎が止まり、抜きに入ると、もう1回重みを吸収し
その重みが2番に伝わると浮き上がりだし
3番に来たときに飛んでくるってイメージかな?私は。




だから、鮎が小さくてもドキドキ感が楽しめました。




操作性も、泳がせは何の問題も無く釣れたし
瀬での引きも、錘を付けなくても囮を浮かせる事無く出来たし(チョッと渇水でしたけど)
これから鮎が大きくなって来た時が楽しみです。




3つ程掛けた時、HIDE君も到着。




この時既に近ちゃんは、下流から上流部はるか彼方に見えなくなってました(笑
見切りが早いですね。






とても丁寧な釣りをするHIDE君。




そうこうするうちに、ドッカのオッちゃんも登場。
HIDE君繋がりで、ウチの店にも良く来てくれるオッちゃんだ。




このオッちゃん、とにかく賑やかな(騒々しい)方でね
来る早々、HIDE君とヒソヒソ話してるのですけど
地声が大きいので丸聞こえ。





「おい、アレ誰ね?(*`Д´)ノ"」




「ほら、一冨士のこてっちゃんやんか(^^;」





そんな調子で、全部聞こえてました(笑




そして案の定、

















「おい!釣れるんかい?一冨士ヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆」








っと、大きな声で遠くから話しかけてきました(爆
懸命に返事するものの、私の地声は奥ゆかしい小声。
とうていオッちゃんに聞こえるはずもなく、何度も







「あぁ!?なんね?一冨士ヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆」







って聞き返してくる、大声のオッちゃん(大涙
しかし、川原で私と交わった方は全て好条件戦隊こてレンジャー入隊の運命。




オッちゃんには今後












@吠え猿隊員として活躍していって頂きましょう。
(ほえざる)                       




後で判明しましたが、長良川の大きな大会で優勝したり
三重県の●鴉って鮎の会の会長さんを務める、
暗い経歴をお持ちのオッちゃんだそうだった。




新たに「@吠え猿隊員」も新メンバーに加わった所で
ようやく@ピンクも登場。
一緒にクワちゃんもだ(*´∀`)ノ






皆さん銘々に友釣りに興じます。




が、挙動不審のピンク。
(まぁいつもですが)




どうやら、車をインロックしてしまったらしく
釣りどころでは無くなってしまったらしい。
お弁当も水分も携帯も、全部車の中(笑




JAFに入ってるらしいのですが
会員証が車中ですので、電話番号が分からない/(°ё°)\




でも、ご安心^^
脅威の記憶力を誇るリーダー@私です。




「JAFは#8139やで( ̄ー ̄)ニヤリ」




ダイヤルして携帯をピンクに渡すヒーローこてつ<(⌒^⌒)>シャキーン!




いやぁ〜〜、長い事皆さんにお世話になって来ましたが
今回初めて、誰かのお役に立てた気がしました( ▽|||)







お礼にピンクが撮ってくれた写真。




引き抜きのときは竿尻を持てとか言ってましたが
非力な私は、手首がペコリンコってなっちゃうの!
だから、竿を短く持って肘を当てて補助する癖が付いてしまってます。




でもNEWロッドの感触だと
そんな事しなくても、穂先の吸収で何とかなりそうですので
次回からは、一般人の様に竿尻でも持ってみるとしましょうかね(*´∀`)ノ




タモの外に囮が飛び出してるのは技です(爆




@ブラック隊員も一度顔出して、再度準備して登場。
携帯カメラで隊長の勇姿を撮影。






「砂金を掘るこてつ」



次回からは、カッコいい写真を心がける様に(レンジャーポイント−20p)




午後からは@おまけ隊員も登場。




雨も降り出し、風も出てきて
夕方には嵐になってました。




それでも、はるか見えない所まで行ってしまってた
近ちゃんは40匹を越える鮎を持って帰って行きました。流石!!




私は、午前中14匹、午後9匹。
微妙な釣果に終わりました。






見ての通り、大小様々。
病気がかなり見受けられましたが
上流部まで行ってた近ちゃんはそうでもなかったとか。





今回、午後からは近ちゃんにもらった針を試して釣ったのですが
何だか調子良さげな感じをつかんでね(≧∇≦)




やっぱ、上手い人との釣行は
何かしら得る物がありますよね。




お!得る物と言えば
帰り際に、HIDE君から帽子もらってね。
ほら私って帽子フェチなクセに、、帽子似合わないのヽ(;´Д`)ノ、




今度こそ、似合うかなって早速かぶったらね




「アカン(・∀・;)・・・・・」@HIDE君

「似合いませんねぇ〜〜」@ブラック




やはり頭の大きな生き物に似合う帽子は無いのでしょうかね_| ̄|○








次週予告
保健所の一斉監視で午後からの釣行Σ( ̄□ ̄;)