2013年8月28日 晴天 熊野川


毎日暑いですね。
何とか生きながらえてます。こてつでございます(゚A゚;)アツー








お盆の連続営業&家族大サービスも重なり
実に21日ぶりの釣行になります。









そんな待ちに待ったこの日を祝うべく











前夜には、クリア隊員&エリザベスと壮行会(笑
いつもの居酒屋で見事な紀州の鰹に舌鼓(^_^)/








そして目の保養には









関西激流隊総括隊長マーシー隊長が
お盆に球磨川で釣ったメガ鮎(@_@)
この時期28センチとかだったら
この先どうなるんでしょうね(;゚∀゚)=3ハァハァ









っと相変わらず行く前から盛り上がってましたw









今回の釣行は、機関員@おまけ隊員
囮調達要員@ピンク隊員の最強の布陣!









普段できない、己の技量を超えた場所で
囮ヘロヘロになるまで引き倒してもピンク隊員が
次々に天然鮎を確保してくれるからやりたい放題Σ(゚∀゚ノ)ノキャー










そして気持ちいい釣りが出来た帰りには
助手席で一杯やりながら
機関員@おまけ隊員に武勇伝を聞かせるだけ聞かせて
あとは夜に備えてお昼寝したらOK(笑










そんな3人が目指すは







現地特派員@潜水橋の主さんから
ここんとこ連日の好釣果の報告を受けてた「熊野川」









浪花の囮屋さんの話だと
雨降ってフィーバーも終わった感もなきにしもあらず!









でも来たらそんな話聞いても関係ないww
とりあえず








今日のターゲットはここだ(`・ω・´)ゞビシッ!









こんな場所にベースキャンプを設置









何も言わなくても
サクサク準備に取り掛かる@おまけ隊員^^








三和大橋下流








昨年は十津川と北山川との合流から下は
ずっと濁ってて竿を出せなかったんですが
今年は見ての通り例年通りに復活☆彡☆彡








私事ではございますが
昨年はぎっくり腰で瀬に立ち込む事が出来なかったしょ。
だからまともに瀬に入るのは2年ぶり\(^o^)/








ピンク隊員は対岸に渡り竹やぶの下へ
おまけ隊員は三和大橋付近に遡上
私は目の前に広がる









通称「チャレンジの瀬」に突入ww
(チャレンジの瀬の伝説の始まりは2010年パート1パート2参照w)








とはいえ、まだ放水前なので
ブランクの調整&様子見には調度良い水量♪









何の様子見かと言いますと腰もありますが
こんなの一杯もらったのね









現役を引退した鮎師さんがくれた
年代物の針とか金属糸とかモロモロ大量に(;・∀・)








私が持ってても意味ないんで
クリア隊員にゴッソリ持ってってもらって
「完成仕掛け」の形にして返品してもらったんです(^^♪









で、今日使ってるラインは
008の聞いたこと無い複合メタル?なの?何?(笑








色んな不安はありましたが
クリア隊員の仕掛け自体は大鮎でも切れませんので
この怪しげなラインの強度がどんなものなのか?








下流でピンク隊員が掛けたのを目認して











「おお!コレで俺の囮も安泰じゃ`,、('∀`) '`,、」










迷わず流芯に鮎を入れると











ゴ・・ゴゴッ!









そして竿先が一気に持ってかれました。









コレコレ、コレやん(;゚∀゚)=3ハァハァ











2年ぶりの瀬でのまともな当たりを
最初は楽しむものの、余裕がなくなってきちゃって
どたばたと取り込んだのは









記念すべき2年ぶりの合流より下の綺麗な鮎(;゚∀゚)=3ムッハー








その後も、掛かったら対岸に向けて突っ走られたり
取り込みに失敗したりw










ピンク隊員が戻ってきて
対岸でデモンストレーション。








カッコイイぞ!俺のタイツ(爆








オッチョコチョイで慌てん坊のピンク隊員。
今回はタイツと偏光を忘れてきてましたww
こんな事もあろうかと、ちゃんと予備を持ってる私(ΦωΦ)フフフ…








まぁ付き合いも長くなってきましたんで
長所短所も把握してないと
隊長業は務まらんのですよ(;´д`)トホホ…









何だかんだでココでは7打数3安打(笑









楽しんだ割に数が伸びないのはご愛嬌。
ピンク隊員・おまけ隊員共にパッとせず
水が増えたら再度来るって事で移動。








やってきたのは








ジェット船乗り場左岸上流の突き当り。
水量もなく平坦になった川底に
ピンク隊員文句タラタラ('A`)ヴァー







そんなピンク隊員と対照的に









皆の引き舟に囮を配布して
囮の養生に専念する@おまけ隊員。







辛くない?w








そしてピンクは上流部の瀬の流れ込みに
おまけ隊員は下の瀬肩に
私は目の前から









早々に掛ける@おまけ隊員\(^o^)/







私は何も反応がないので
対岸の瀬尻の尻をやろうと川を切って見たものは











入れ掛かる@おまけ隊員だぁ!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!








ナイスキャッチ( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチハ







これで私の囮も安泰ですので









ミオ筋の向こう側にねじ込んだりしましたが
ブルで掻いたのか底は真っ白(笑








早々に切り上げ車に戻ると
さっきまで文句タラタラだったピンク隊員がチョットご機嫌w
型はイマイチながらもソコソコ掛けたんだそうで。
もちろん@おまけ隊員も。
私だけ坊主ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!








そして事前情報でナイスサイズが掛かる場所へ。







しかし、河原に降りる道が通せんぼ(-"-)
河原まで歩いてポイントまでは結構有ります。
そんな重労働を@おまけ隊員にさせるわけにはいきません。








何せ帰りの運転がありますから(* ̄Oノ ̄*)








でもそんな苦境にもかかわらす
1名の鮎師さんが炎天下の河原を缶担いで歩いてました。









こういう人が真の鮎師なんでしょうね
(後でブルくんと判明!(^^)!)







で、結局朝のポイントで増水待ちって事に









この茶色の部分が川になるわけですから
朝掛かったポイントに立つには(;゚∀゚)=3ハァハァ










そして決戦の時が
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!










引き舟が立てる波立ちが段違い








満タンの放水量になって
立ってるだけがやっとこさwwww













出てこいや!
どっかに隠れたドデカイ鮎ぅ( ゚д゚ )クワッ!!











思ったより?過去の記憶より
何だか押しがキツクって
上流側の股関節や膝関節が脱臼するんちゃうか?
みたいな痛さがあったりしましたが










何か朝より小さくなって
朝より当たりが無かったです_| ̄|○










3匹取り込みでギブアップ(*ノω・*)テヘ









っと下流に行ってたピンクも戻ってきて
1箇所色の良い場所があって入れ掛かってご満悦。
しかし増水後は1匹のみだったとか











そして私のオカマ狙いで(*v.v)。








チャレンジの瀬に突入!







ひと流れして1匹・・・










内心ほっとしましたε-(´∀`*)ホッ
これで掛け倒されたらかなり凹んだと思います。
この瀬には鮎は居なかったって事で処理(爆










結果、ピンク隊員は余裕のダブルツ抜け。
@おまけ隊員も目標のツ抜けクリア。










私は6匹○| ̄|_ =3 ブッ










でも、やったった感に満足して帰途に付きました。
一人で来てたらこんな瀬ばっかでって釣り出来ませんもんね。
ピンク隊員、いつも遊ばせてくれてありがとうね〜
そのうち瀬だけで囮回せる様になるから・・たぶん(;・∀・)










そして灼熱の河原を黙々と歩く男@ブルくんから連絡が










隊長!今日は33匹でした(^^)










こんな大きな鮎が居たんですね(ノ∀`)アチャー







見事じゃ!ブルくん!







腕も確かだが、場所選択も妥協しない!
そしてウナギもついでに取ってくる(笑
世の中、凄い奴が居ますね〜









まぁ、私は私らしく
このままのスタイルを貫きますけどΨ(`∀´)Ψケケケ