6月22日 小雨時々曇り  大内山川<紀勢大橋上下→岩船下流>
なんで、みんな爆釣してるの?
なんで、僕だけ今だにくすぶってるの??


日に日に、テンションも下がり友釣り引退の危機にさらされたこてつです(´Д`;)

前の晩、夜更かし(夜遊びですが)して帰り道、叩きつける様な雨。
そして朝5時、目覚めるとまだ降ってる・・・


おてんとうさんもにも見放されたか・・・_| ̄|○


もうすっかり、打ちひしがれ二度寝し、それでも9時に家を出発!
川に向かう道中(10分)氷室京介をガンガン聞きながらテンションUPに成功^^

こんな天気だから何処も人出は無く場所選びたい放題!
囮を購入し、アチコチ見て周りました。


と、その時、言い様の無い激痛が下腹部を襲います{{(>_<)}}
昨夜の訳分らないウィスキーがいけなかったのか?
丁度阿曽に居たので阿曽駅のWCに直行したのですがドア開けてビックリ




100匹位の蚊の大群がわいてます







こんな所で僕の桃をさらけ出すのは危険すぎます。


で、次に目指すは「紀勢大橋」の対面にある公衆WC。
ギリギリのタイミングで間に合い、人間としての尊厳を何とか保てました。
お世話になったお礼と言っては何ですが、「紀勢大橋上下」に入る事にしました。

あれに見えるは「山海の郷」
今は<大紀町>となってますが、前は<紀勢町>。
紀勢町は何と言っても


「美人の町」として有名です。


あの日本を代表するドキュメンタリー番組
「探偵ナイトスクープ」でも紹介された程ですから。
実際、僕の知人も美人揃いの様な気がする様な・・・

そんな素敵な町で今日は友釣り♪
しかもですよ!

橋の周辺は誰一人として釣り人は居ません(*^-^*)

紀勢大橋下流
この、ひろ〜〜〜い川に居る鮎は全部僕のモノなんです^^
高鳴る鼓動を何とか抑え囮セット完了。

まてよ、この広い範囲釣ってたら、どんだけ釣れるか予想もつかんで!
チョットでも船に余裕もたしとかんと、一々カンコに鮎入れに戻って
くるの面倒やで!そやそや、どうせすぐ掛かるで
囮の予備はカンコに入れとこ。やっぱ余裕もたしとかんとな(≧∇≦)


囮なんか1匹あったら上等やヽ(`д´;)/

そして橋の下手から釣り上がって行きました。



1時間後

紀勢大橋上流
フラフラになった囮をぶら下げ、
カンコに囮2号を持ちに行くこてつ(´Д`;)

1匹も掛かりませんでした(´▽`)エヘッ

囮2号で橋の上流を攻撃開始したものの
なんとか2匹引っ掛かってきただけで沈黙・・・

そこに毎度お馴染みの「仕掛け名人MR.岡村」さんが
定時巡回にやってきて、ヨタ話タイム突入〜〜

やっぱココは駄目みたいなんで
お弁当食べて場所替えする事にしました。
このまま終わったら、引退も覚悟しなくてはいけません。

慎重に場所選択するつもりが、誰も居ない「岩船橋下流」に吸い込まれる様に行ってました。
この橋の上流は調子良いらしいのですが、下流の噂は何も聞いてませんでした。


ほんなら一丁、俺が噂流したろかい(>y<)


幸先良く囮サイズをゲットした所で、堰堤から誰かが大声で僕を呼んでます。
店のお客さんで、鮎も海も釣りされる方でした。
かなり腕は達者な様なので一度ご一緒にと話してたので
僕の車見つけて、立ち寄ってくれたらしいのですが、この人ってば


さっきまでね










吉野川の大会に出てたんだってΣ( ̄□ ̄;)






もの凄い場所移動です^^;




そんな彼もポツポツ掛けたのですがパッとしません。
そして最後はミゾゴイ(ニゴイ)掛けて、仕掛け切ってしまいました。
それを機に、彼はまた「場所移動する」と言い残しどっかに行ってしまいました。


吉野川(奈良)→大内山川(三重)→今度は和歌山県か?(゚Д゚≡゚Д゚)?


そんな事考えてたら、またも下腹部に異変が(´Д`;)
ここでは3匹掛けて午後2時30分終了〜〜〜

今日は、このチビも持って帰ってきました^^
お願いです!1匹と数えさせて下さい・・・・_| ̄|○

川底洗い流す雨が欲しい・・・